ランドセルの機能を比較2019|人気の工房とブランドのカタログ

ピカピカの一年生にピカピカのランドセル、本当に可愛いですよね。

一生に一度のランドセルを孫にプレゼントしようと思っているおじいちゃん、おばあちゃんのために、1,000種類以上あるランドセルから、おすすめのものをピックアップしました。

あれも、これもと調べても数がありすぎて大変なので、本当におすすめのものを厳選してお届けします。

おすすめのランドセルブランド(工房系)

土屋鞄

職人の手作りで品質重視の工房系1番人気のランドセルブランド。

見えない細かい部分にまで繊細な技術を施した最高級のランドセル。

コードバン、牛革、ヌメ革、クラリーノと4種類の革から選ぶことができます。

一番安価なクラリーノ製でも5万オーバーするので価格は高めですが、品質・手作りを重視したい人にはおすすめです。

萬勇鞄

創業60年以上の老舗ランドセルブランド。

職人が手作りで仕上げる高品質な高級ランドセルが特徴。

工房系の中ではカラーやデザインが豊富。素材を選んで作ってもらえるので、バリエーションも豊富です。

そして、手作りランドセルの中では料金設定も比較的低めに設定してくれているのも良心的ですね。

顧客満足度の高いおすすめランドセルです。

中村鞄

老舗の高い技術でシンプルなデザインに最新の背負やすさを追求したこだわり派のランドセルです。

背負やすさの追求は工房家では一番です。

背中のクッションはNASAの座席に使用しているシャトルクッションを採用。

激し振動に耐えられるクッションで、走ったり激しく動いたりしても常に背中に心地良くフィットします。

そのシャトルクッショを包む牛革にもソフト牛革を使用して、さらに心地よさがましています。

池田屋

老舗のランドセルメーカー。

シンプルで機能を追求した存在感のあるデザイン。

職人の技術力の高さで仕立てが良く耐久性抜群

重たく感じさせないための工夫が随所に散りばめられています。

クラリーノはカラーの組み合わせで144種類もの組み合わせができるオリジナルランドセルの販売もしています。

価格帯も42000円から92000円ぐらいまでと幅広く、予算に合わせることができますね。

鞄工房山本

技術の優れた本物の革職人が、その持っている技術をすべて注いで作っているランドセル。

スタンダードなモデルが多いので、他ブランドのように派手さはないけど、質の高さは文句の付け所のない一級品。

機能性重視型ランドセルです。

天然皮革にこだわっているので人工皮革のラインナップはありません。

工房系の天然皮革ランドセルの中では最も軽量化に成功しているランドセルです。

機械には一切頼らない、完全手作りの世界に一つだけのランドセルです。

6年間使っても形が変わらない日本の伝統はすばらしいですね。

 

おすすめのランドセルブランド(専門系)

セイバン(天使のはね)

ダイゴのCMでお馴染みの天使のはねシリーズが人気のセイバン。

大正8年創業の老舗ブランドで、実際の重さより背負った時に軽く感じるように天使のはねを装備。

型くずれしやすいサイド部分には321構造やスタイルキーパーといった独自の機能をプラスして6年間わんぱくに扱っても大丈夫なように耐久性を高く作っています。

フィットちゃん

毎年可愛い子役のCMが印象的な人気ブランド、フィットちゃんランドセル。

ランドセルの完成度も高く、子供の成長に合わせた設計も人気の秘密
カラバリが豊富で15色の中から選べます。

手入れが簡単な内張り加工もうれしいですね。もちろん6年間使える耐久性はしっかりと備わっていますよ

ふわりぃ

購入者からの評判が良い人気ブランドふわりぃ、巨大な自社工場で古くからランドセル制作を続ける老舗ブランドです。

コンセプトは『すべての子供の肩にピッタリ合うランドセルを!』

子供の負担となる肩ひもには特殊なクッション材でできた『ふわりんこショルダー』を装着。

どんな体型、身長、成長変化にも対応できるよう考えられています。

障がい児用のランドセルがグットデザイン賞受賞しています。

キッズアミ

専門店系の中ではまだまだ知名度は低いですが、60年以上続く老舗ブランドです。

文部大臣賞を受賞している唯一のランドセルで質の高さがわかります。

横長のランドセルも人気で、一味ちがう可愛いランドセルをお探しでしたら、最初にチェックするのも良いと思います。

手作り仕様なのにリーズナブルなお値段もうれしいですね。

コスパ抜群の手作りランドセルならイチオシですよ

ララちゃん

流行に流されない完成度の高いオリジナルンドセルがブランドの特徴です。

素材選びから縫製まですべて熟練した職人が手作りで仕上げています。

髪の毛が絡まりにくい背カンを装着したり、内張りまで防水加工していたりと、独自の機能で子供にも大人にも満足してもらえるランドセルです。

A4ファイルに対応したのもララちゃんが最初だと言われています。

 

関連サイト