miyako のすべての投稿

大人になっても使えるランドセル【3styleランドセルの評判】

3Styleランドセルの特徴

3STYLEランドセルの一番の特徴は、その名の通り3通りの使い方ができることです。

一般的な背負うタイプはもちろんのこと、手提げカバンのように持ったり肩掛けカバンにもできます。

この幅の広さから大人が持っていても変ではありませんし、寧ろ大容量で使いやすいところが魅力でしょう。

色は黒や赤に加え、黄色や青もあります。

ランドセルと云うとその耐久性も重要になってくるのですが、こちらも特殊なプレートを用いたパワフルガードという機能を備えているから安心です。

6年間激しい負荷が掛かっても型崩れが起きにくく、長く相棒になってくれるでしょう。当然水にも強く、天気が悪い日でも使いやすいです。

しわけジョーズという機能にも、注目してください。

これはランドセルの中の仕切りのことで、中に入っている物が少ないときのガタつきを軽減してくれます。

ガタつきが大きいと中が散乱して大変ですから、その日の荷物の多さに応じて使い分けるのが理想的です。

 

3STYLEランドセルの評判

そんな3STYLEランドセルの評判ですが、やはり多くの人が最初に価格の高さを指摘しています。

ランドセルは大体2万円から3万円が相場とされている中で、3STYLEランドセルに関しては5万円以上するのです。まさにブランド物といった価格設定なので、家計と相談して諦める人は少なくありません。

更に、思っているほど使い分けができないとの声もあります。

大人ならあまり背負うタイプは使いませんし、子供なら逆に背負うタイプしか使いません。親子で共用するのであれば別ですが、そうでないなら別々に適したカバンを買うべきとの声も目立っています。

ただしコンパクトなことや、軽量なことには評価が高いです。

小学1年生の子供でも片手で持て、スペースを使わない点は大きいのでしょう。

学校などでは個性を出しやすく、持っていると憧れられやすいです。

そして丈夫で長持ちなことから、子供が小学校を卒業した後にそのまま親が引き継ぐことができます。

一般のランドセルではできない、親子2代の使い方ができることも評判の高さを後押ししています。

 

ランドセルと一緒に買う?おすすめオプション|リコーダーケースなど

ランドセルのおすすめオプションBEST5

ランドセルを購入する際、オプション品として様々なアイテムが販売されています。

そんな中、おすすめの5つをご紹介させて頂きます。

まず一つ目はカバーです。

これはランドセルを汚れや傷から守ってくれるもので、キャラクター物からクリアな物など様々なデザインがあります。

長くきれいな状態を保ちたいのであればカバーがおすすめです。

雨から守ってくれるレインカバーもありますが、こちらも様々なデザインがあるので、お気に入りの物を見つけられると良いでしょう。

また背あてパットがあげられます。夏場に利用すると、背中のムレやべたつきを防止できるので便利です。

リコーダーケースもありますが、撥水加工や耐久性のある素材を使っているので、リコーダーをしっかり守るにはおすすめです。

最後に最もおすすめなのが底敷きです。

子供が走り回ると、教科書などの中身がごちゃ混ぜになっていまいます。

しかしこれは緩やかな傾斜がついているので、重い物を背中側へ誘導してくれますし、荷物を安定させる効果があります。

荷物が移動して歩きにくい場合には、特におすすめです。

 

買って後悔したランドセルのオプションは?

ランドセルのオプション品には便利な物がたくさんありますが、場合によっては買ってしまって後悔する物もあるので注意が必要となります。

まず一つ目はレインカバーです。

確かに雨からしっかり守ってくれるので便利ではありますが、まだ低学年のお子様が使用する場合は、ランドセルもすっぽり覆うことが出来るポンチョタイプのレインコートの方がおすすめかもしれません。

レインカバーとレインコートを使用すると2度の着脱が必要となりますが、ポンチョタイプの場合は一度脱ぐだけで良いので、小さなお子様にとってはこちらの方が良いと言えるでしょう。

またリコーダーケースですが、これはランドセルの側面に付けるように作られていますが、学校によってはキーホルダーやお守りやケースなど、学校で必要ない物を付けることを禁止されている場合があります。

このような学校だと、せっかく購入しても使用することが出来ないため、事前に確認をしておく必要があります。

このような事例がありますので、買って後悔しないためにも、周囲の方からしっかりお話を聞いておくと良いでしょう。

 

ランドセル最新情報|まちが拡大するランドセルの詳細と評判は?

マチの大きさが調節できるランドセルの評判は?

小学校に入学をする予定のお子様は、教科書や書類、筆箱などを収納するためにランドセルを購入する必要があります。

数多くの商品が販売されていますが、メインポケットのマチの大きさが調節できるランドセルは、口コミでも評判が高く、教科書や書類などをしっかりと収納できるのが特徴です。

小さいマチの部分には筆箱や笛などを収納しやすく、出し入れもしやすいのでお子様にも人気があります。

数多くの専門店があるので、口コミで人気の高いメーカーやお店を利用すると、傷や汚れが付きにくい素材を使用しており、大きさが調節できる商品が販売されています。

多くの荷物を持って通学をする必要があるので、耐久性に優れており高品質なランドセルを選びましょう。

軽量なランドセルはお子様の体にも負担が少なく、物が取り出しやすい商品が販売されています。

休日などの休みを利用して、専門店に足を運ぶと豊富なカラーやデザインの商品が揃っており、収納力に優れた商品が購入できます。

 

マチの大きさが調節できるおすすめランドセル

小学校に入学をするお子様は、教科書や楽器、筆記用具、書類などの物を収納する必要があるので、ランドセルを購入しておく必要があります。

数多くの商品が販売されていますが、軽量で耐久性に優れている商品は根強い人気があります。

マチ幅が調節できる商品は帰宅をする時に荷物が増えても、すっきりと物が収納ができるのでおすすめしたいです。

口コミで人気の高いメーカーや専門店では、体のデリケートなお子様に配慮した商品が揃っており、マチ幅を地調節できるランドセルも取り扱っています。

休日の休みを利用して専門店に足を運ぶと、豊富な在庫が揃っているのでじっくりと時間を掛けて選びましょう。

近くに専門店が少ないと感じている場合は、インターネット通販の専門店でも、高品質で上質な素材を取り扱っているので、安心して購入ができます。

小さいお子様にも物が収納しやすく、取り出しもスムーズなランドセルが販売されているので、事前に大体の予算を決めておくと良いでしょう。

 

ランドセル最新情報|今どきのランドセルの特殊な機能は?

最新のランドセルの特殊な機能

ランドセルの機能と聞いて、教科書やプリントを入れるということ以外に何があるのか、と違和感を感じた方もおられるかもしれません

ですが最新のランドセルには驚くような特殊機能がついているのです。

1つ目は、閉め忘れ防止のためのワンタッチロックです。ただ金具を合わせるだけで勝手にロックがかかる仕組みになっており、閉め忘れた結果中身をばらまいてしまった、というような一昔前ならよくあった事故が起こらないようになっているのです。]

2つ目は、ポケットのマチを拡大できるというものです。

荷物が多い時には両手に手提げ袋をさげて登校するという経験をなさった方も多いと思いますが、今ではマチを拡大し容量を増やすことができるので荷物が多くても楽々登校することができます。

3つ目は、通気性です。

夏の暑さは年々厳しくなっていますが、最新のものは通気性が抜群なため背中が蒸れてしまうことがありません。

厳しい暑さの中でも比較的快適に登校できるようになっているのです。

 

機能が充実したランドセル【ベスト5】

ではここで、機能が充実したランドセルを5つご紹介していきたいとおもいます

1つ目は、「フィットちゃん」です。

流行りのデザインを取り入れながらもリーズナブルであると人気な一方、型崩れしにくく、暗い道では光るなど機能面も素晴らしいです。

2つ目は「天使のはねランドセル」です。

走った時の腰への負担を減らすために、独自の構造を用いるなど子供の体を第一に考えたものとなっています。

3つ目は「土屋鞄のランドセル」です。

こちらも、子供の小さな背中にしっかりとフィットするよう2つの異なるクッション材を用いるなど、子供への細やかな気遣いの感じられるものとなっています。

4つ目は「鞄工房山本のランドセル」です。

外部に付属しているナスカンは、15〜18キロの負担がかかるとナスカンが外れるような仕組みになっているので、子供がどこかへ引っ掛けてしまい何かの事故に巻き込まれるという心配がありません。

最後は「イオンのランドセル」です。

こちらはマチを拡大することのできる大容量のものなので、荷物の多い日も安心です。

 

ランドセル選びのポイント|今どきのかぶせ裏の特徴と人気は?

最新ランドセルのかぶせ裏の特徴。時間割は?

最新型のランドセルではふたの裏側は内装と同じ素材が使用されていることが多く、教科書やその他の収納するものを保護する役割を担っていますが、以前は時間割などを入れることができるポケットが付いているのが一般的でした。

このふたの部分はかぶせ裏と言い、ランドセルの特徴として上から物を入れてかぶせることでふたをする役割となっており、その裏の部分は中に入れているものが飛び出しても傷が付きにくいようになっているものがほとんどです。

昔のタイプではかぶせ裏の部分は時間割などを入れることで毎日の教科書などを用意する際にこれを見て中に収納するのが便利であることから装着されていましたが、現在ではこの部分が傷むことを防ぐために丈夫な素材を貼り付けることが一般的となっており、その様相が大きく変化しています。

従来は様々なものを収納できるようなイメージでポケットをつけることが多かったのですが、現代のものはより丈夫で長持ちするための構造を重視していることが多くなっているのが特徴です

 

人気5ブランドのランドセルのかぶせ裏

人気5ブランドのランドセルのかぶせ裏も最新型では丈夫な素材を貼り付けて長く美しく使うことができるようにしているものがほとんどです

最近ではランドセルも高級なイメージが求められるようになっており、時間割などを中に入れるよりも美しく統一された色の内装が好まれる傾向にあるため、多くのメーカーでは本体の内側と同じ素材を利用し高級感を高めるようになっているのが特徴です。

その中でも多くのブランドで使用されているのが柔らかい素材の豚の皮で、耐水性が高く長持ちすることから非常によく使われるものとなっています。

かぶせ裏の部分に時間割を中に入れる仕組みは古くは非常に重宝されていましたが最近では多くの学校でそのための時間割を作成していないことや、この部分にポケットをつけると硬くなり開け閉めがしにくくなってしまうこと、また使っているうちにビニールのポケット部分が変質してしまい汚い印象を与えてしまうことから6年間使い続けるには問題があると考えられる傾向が強くなってきたことにもあります。

2019年最新ランドセルのロックと種類と特徴!おすすめは?

最新ランドセルの錠前の種類と特徴

ランドセルは軽量化や多機能性の向上など日々進化していることで知られており、昔使っていたランドセルよりずっと便利になっていると驚く保護者の方も少なくありません。

例えば最新の物に関しては錠前がオートロック形式になっているような商品も存在しており、子供が鍵をかけ忘れることがあっても教科書など中身が外に飛び散らないような工夫が凝らされているといった特徴を持ったものがあります。

デザイン面でも凝ったものが最近は多くなっており、女の子を対象にした商品では錠前がハート型になっているようなものもあります。

指を挟まずに済むスイッチタイプになっている商品もあれば、アニメキャラクターの顔を模した商品も実際に販売されております。

子供が使うものですから頑丈に作られているといった点、万が一壊れてしまったときでも交換を依頼できる点などは従来と変わりませんので、昔ながらの良い部分を残しつつ最新版ならではの機能性を併せ持っている商品が現在は多いのだとイメージしておいてください。

 

錠前が特徴的なおすすめランドセル

商品名は避けますが2019年度の最新ランドセルには、ロックの部分がくるっと回せばピタッととまる、くるピタというシステムが採用された商品があります。

錠前のデザインが子供向けの可愛らしさを有するなど良いだけでなく操作性も良く、ランドセルの開け閉めのコントロールが非常に簡単だという特殊性が売りです。

子供から使いやすいと評判が非常にいいため保護者間の評価も高く、おじいちゃんやおばあちゃんが孫にプレゼントするランドセルとしてもおすすめになっています。

かなり頑丈で見た目も豪華な錠前ではあるものの、小学生生活の6年間で故障が発生してしまったときでも修理や交換などのサポートが受けられるようになっていますので、ランドセルを遊び道具のように使うワンパクな男の子に持たせても安心です。

今のランドセルのロックは自動式が主流になっていますが、手動のものも当然残っておりますので最終的には実際に使う子供と相談して購入する商品を選ぶといいでしょう。

 

ランドセル選びのポイント|防犯ブザーフックとブザーの種類

最新のランドセルの防犯ブザーの種類とフックの特徴

最新のランドセルは防犯ブザーを付けるためのフックが付いています。

小学生が、突然不審者に遭遇した時にすぐに助けが呼べるようにするためにも大切なことです。

防犯ブザーにはいくつも種類がありますが、大きく分けると2種類あります。

一つはボタンを押して大音量を出すタイプ、もう一つはピンを引っ張るタイプです。

ピンを引っ張るタイプは完全にピンを抜かないと音が出ない、完全にピンを抜かなくても音が出るというように2種類に分かれます。

子供が実際に使ってみて使いやすいタイプを選んでみてください。

ランドセルのどこに付けるのかも大きな問題です。

いざという時にすぐに使えなくてはなりません。

どこでも良いから付けておけば良いと思っていると、不審者に遭遇してもすぐに使えなくて子供が危険な目に遭うかもしれません。

子供の利き手の反対側の肩ベルトにフックが付いていると使いやすいです。

利き手のことをよく考えた上で付けてみてください。

 

防犯ブザーと見守り携帯お互いのメリットとデメリット

どちらも電気を使っていますので、常に電池が切れないようにしておくことが最大のポイントです。

見守り携帯も防犯ブザーの役割が備わっていることもありますので、こちらを持たせる親は多いでしょう。

ランドセルの中にしまうといざという時にすぐに使えないのでどうやって携帯するのかも考えた方が良いです。

ただし、ピンを引っ張るなどして使用した時には自動的に親にメールが届くようになるメリットがあります。

GPS機能もあるので子供の居場所もすぐにわかるでしょう。

防犯ブザーの場合はランドセルの肩ベルトに付けておくとすぐに使えますが、メールを親に自動送信できません。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、どちらを持たせるべきかを考えた方が良いです。

両方とも持たせるのも良いですが、すぐに使えるように工夫したり、電池切れしていないかを常に確かめるなどは忘れないでください。

どちらか一方だけ持たせる時はメリットとデメリットを考えた上で決めましょう。

 

ランドセルの大きさの種類と特徴|人気のサイズとおすすめは?

最新ランドセルの大きさ種類と特徴

小学校に入学するお子さんがいる家庭では様々な準備が必要です。

子供の方は友達が何人出来るか、新しい学校はどんな所か、また勉強も楽しみといった感じで気楽にしていると思いますが、親の方は色々揃えたりしなければならないので大変です。

それに子供がちゃんと学校の勉強についていけるか、友達を作って楽しく過せるのかなど心配もあるでしょう。

さて揃えるものの中には、ランドセルもあります。

子供が使うものですし、子供の好みも聞く必要があります。

それと体格などに合わせて大きさも考えなければなりません。

近年は学校に持っていくものが昔よりは増えていたり、大きなサイズの副教材などもあり、昔ながらのサイズだと折り曲げないと入らないとったことにもなります。

教科書は全国的にB5のサイズで高学年になるとA5になるそうです。

もちろんこれとは異なるサイズを採用している所もあるでしょう。

ちなみにB5とA5ではA5の方が小さくなります。

最新のランドセルの特徴はそういった教科書サイズも考慮した物になっており、教科書よりも大きいA4サイズ程のものが入る大きさになっています。

 

おすすめのランドセルのサイズとその理由

さて、おすすめのランドセルですが、沢山入るものにした方が入りきれなかったものを手で持たずに済むので、つまずくなどした時に手が使え安全ではあります。

ですが、体格が小さいと重心が後ろに偏ってしまうのでかえって危険になることもあるでしょう。

そういったこともありますが、6年間使うものですし子供の成長は早いので大きめのものにしておいた方がいいのかもしれません。

先ほどA4サイズ程のものが入ると書きましたが、具体的には、A4教材に対応した大きさ、A4クリアファイルに対応した大きさ、A4フラットファイルに対応した大きさがあります。

それぞれ数センチ程異なっています。

記載した順に大きくなります。

どれが選ばれているかは年によって異なっているようです。

大きさについては学校に問い合わせてみたり、入学予定の学校にすでに通っているお友達がいれば、そこではどういった大きさがいいのかと聞いてみるのもいいかもしれません。

人気のランドセルは大きさではなく色やデザインで比較されることが多いです。

その理由はやはり子供の好みなのではないかと思います。

 

新一年生のランドセル選び|肩の調節機能で体の負担は軽減するの?

最新ランドセルの肩の調節機能は?

最新のランドセルではベルトの位置を変えることにより、肩の調節が可能です。

一般的に入学した6歳の子供は卒業するまでに30センチほど身長が伸びると言われています。

最近のベルトはただまっすぐなだけではなく、立体的な構造になっていて体のフィットしやすい設計です。

ベルトには調節しやすいように穴が7~8個ほどついています。

体の小さな低学年のうちは短くなるような位置で、高学年になると大きくしていくように調節します。

最近は背の高い小学生も多いため、180センチの男性が背負えるような長いベルトを用意しているメーカーもあります。

長いタイプは場合によっては有料になることもありますが、体に合ったものを選べるということはとてもいいことです。

基本的には穴でサイズを調節することになりますが、ベルトそのものの長さを選べるというサービスです。

長さがあるとその分肩への負担が増えるので、幅が広くなって背負えるように工夫されています。

 

体の負担にならない肩の調節方法

一年生が初めてランドセルを背負うときには、肩の調節が必要です。

慣れないランドセルにはたくさんの教科書やノートが入るので、できるだけ体の負担を軽減する方法を知っておきましょう。

ポイントとしては背中とランドセルの隙間をなくすことです。

ベルトが長すぎると背中との間に余裕ができると、その分負担は増加してしまいます。

同じ重さでも、体が感じる重さが変わってしまいます。

ただ、隙間がなければいいとベルトを短くしてしまうと、今度は背負うのが大変になるので注意が必要です。

重い荷物は背中側に入れるようにするといいでしょう。

外側に入れてしまうと、後ろに引っ張られるような力が働くために重く感じるだけでなく一年生には危険です。

つい水筒など重い物を詰め込んでしまうこともありますが、背中に入れるだけで負担は軽減できます。

肩のベルトはこまめに調節するようにして、肩のラインとランドセルの高さが同じようになっているかを確認しましょう。

 

ランドセルの安全性に対する最新機能【安全フック、反射材など】

ランドセルの安全性に対する最新機能

安全性を考えた最新機能はいくつかあります。

まず、1番は反射材。

子供を暗くなるまで外にいさせることはないから…なんて考えがちですが、冬の時期は帰宅時間にはすでにあたりが薄暗くなっていることもありますし、天気が悪かったりすれば尚更です。

最近はお洒落なデザインもあるので、見た目を気にするお子様にもぴったりのものが見つかるのではないでしょうか。

それから、安全フック。給食袋などを引っ掛けることができる昔からある便利なフックですが、荷物が思いもよらぬところに引っ掛かかったり、車などに巻き込まれてしまったりと危険が起きることもあります。

それらを回避できるようになっていると安心です。

また、ランドセルのロックを閉め忘れてしまいお辞儀をして、中身をうっかり落としてしまったことはありませんか?

最新機能として、危険な状態になることもありえるそういった事故を防ぐための自動ロックがあるものもあります。

他にも金具を最小限にしている、丸みのあるものにしているなど様々なものがあります。

 

安全性に優れたランドセルBEST5

安全性に特に優れたランドセルを5つあげてみます。

セイバンのものは、反射材に力を入れており、100メートル離れていても光るのがわかるほど鮮明です。

安全フックは12キロ以上の力がかかると外れるようにできており、危険を回避することができます。

フィットちゃんは、お洒落な反射材のため、明るい所では可愛らしいアクセントになりつつも、暗くなるとピカッと光ります。

安全フックは両側についているため、片方だけが重くなってしまうようなこともありません。

自動ロックを導入しているため、ロックの閉め忘れも防げます。

ララちゃんは、車のライトで光るラインと反射鋲、2つが導入されています。

鞄工房山本は、接合部にシリコンを使用したオリジナルの安全フックを使用。

15~18キロの力がかかると外れるようにできています。

池田屋ランドセルは、マイクロプリズム式反射材を使用していて、劣化した場合は交換してもらうことができるので安心ですね。