ランドセルの大きさの種類と特徴|人気のサイズとおすすめは?

最新ランドセルの大きさ種類と特徴

小学校に入学するお子さんがいる家庭では様々な準備が必要です。

子供の方は友達が何人出来るか、新しい学校はどんな所か、また勉強も楽しみといった感じで気楽にしていると思いますが、親の方は色々揃えたりしなければならないので大変です。

それに子供がちゃんと学校の勉強についていけるか、友達を作って楽しく過せるのかなど心配もあるでしょう。

さて揃えるものの中には、ランドセルもあります。

子供が使うものですし、子供の好みも聞く必要があります。

それと体格などに合わせて大きさも考えなければなりません。

近年は学校に持っていくものが昔よりは増えていたり、大きなサイズの副教材などもあり、昔ながらのサイズだと折り曲げないと入らないとったことにもなります。

教科書は全国的にB5のサイズで高学年になるとA5になるそうです。

もちろんこれとは異なるサイズを採用している所もあるでしょう。

ちなみにB5とA5ではA5の方が小さくなります。

最新のランドセルの特徴はそういった教科書サイズも考慮した物になっており、教科書よりも大きいA4サイズ程のものが入る大きさになっています。

 

おすすめのランドセルのサイズとその理由

さて、おすすめのランドセルですが、沢山入るものにした方が入りきれなかったものを手で持たずに済むので、つまずくなどした時に手が使え安全ではあります。

ですが、体格が小さいと重心が後ろに偏ってしまうのでかえって危険になることもあるでしょう。

そういったこともありますが、6年間使うものですし子供の成長は早いので大きめのものにしておいた方がいいのかもしれません。

先ほどA4サイズ程のものが入ると書きましたが、具体的には、A4教材に対応した大きさ、A4クリアファイルに対応した大きさ、A4フラットファイルに対応した大きさがあります。

それぞれ数センチ程異なっています。

記載した順に大きくなります。

どれが選ばれているかは年によって異なっているようです。

大きさについては学校に問い合わせてみたり、入学予定の学校にすでに通っているお友達がいれば、そこではどういった大きさがいいのかと聞いてみるのもいいかもしれません。

人気のランドセルは大きさではなく色やデザインで比較されることが多いです。

その理由はやはり子供の好みなのではないかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です