ランドセル選びのポイント|今どきのかぶせ裏の特徴と人気は?

最新ランドセルのかぶせ裏の特徴。時間割は?

最新型のランドセルではふたの裏側は内装と同じ素材が使用されていることが多く、教科書やその他の収納するものを保護する役割を担っていますが、以前は時間割などを入れることができるポケットが付いているのが一般的でした。

このふたの部分はかぶせ裏と言い、ランドセルの特徴として上から物を入れてかぶせることでふたをする役割となっており、その裏の部分は中に入れているものが飛び出しても傷が付きにくいようになっているものがほとんどです。

昔のタイプではかぶせ裏の部分は時間割などを入れることで毎日の教科書などを用意する際にこれを見て中に収納するのが便利であることから装着されていましたが、現在ではこの部分が傷むことを防ぐために丈夫な素材を貼り付けることが一般的となっており、その様相が大きく変化しています。

従来は様々なものを収納できるようなイメージでポケットをつけることが多かったのですが、現代のものはより丈夫で長持ちするための構造を重視していることが多くなっているのが特徴です

 

人気5ブランドのランドセルのかぶせ裏

人気5ブランドのランドセルのかぶせ裏も最新型では丈夫な素材を貼り付けて長く美しく使うことができるようにしているものがほとんどです

最近ではランドセルも高級なイメージが求められるようになっており、時間割などを中に入れるよりも美しく統一された色の内装が好まれる傾向にあるため、多くのメーカーでは本体の内側と同じ素材を利用し高級感を高めるようになっているのが特徴です。

その中でも多くのブランドで使用されているのが柔らかい素材の豚の皮で、耐水性が高く長持ちすることから非常によく使われるものとなっています。

かぶせ裏の部分に時間割を中に入れる仕組みは古くは非常に重宝されていましたが最近では多くの学校でそのための時間割を作成していないことや、この部分にポケットをつけると硬くなり開け閉めがしにくくなってしまうこと、また使っているうちにビニールのポケット部分が変質してしまい汚い印象を与えてしまうことから6年間使い続けるには問題があると考えられる傾向が強くなってきたことにもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です